​New!

米国在住の人気ドクターによる
最先端の機能性医学/機能性栄養学の指導が、世界中のどこからでも、
オンラインで受けられるようになりました!

このような方、ぜひご相談ください!

・頭痛、不眠症、疲労感、アレルギー、肌の不調、PMS、生理痛などの問題がある方

・慢性的な腰痛、肩こり、首の痛みなどを抱えている方

・免疫力の低下を感じている方、もしくは免疫力を上げたいと思っている方

・明らかな不調があるのに、病院で検査をしても原因がはっきりせず困っている方

・薬を使わずに不調を克服したい方

​・治癒の望みはない病気を抱えているが、出来る限りのことをして悪化を防ぎたいと思っている方

・痩せたい方、もしくは体重が落ちにくく悩んでいる方

・特に困っている問題はないが、栄養の欠乏やアンバランスの問題がないか調べたい方

自分に合ったサプリメントを摂りたいと思っている方、または自分に合った食事法を知りたい方

Dr. Izumiのアプローチ

 

機能性医学に基づいた真の原因の追究

機能性医学とは、不調や症状の本当の原因を見つけ出し、その問題を根本的に解決することを目的とした、最先端の医学療法です。臓器システム別に分かれた医療機関を受診し、そこで処方される薬や手術で「症状」を抑えることを目的とした従来の西洋医学に対し、機能性医学ではまず体全体で何が起こっているのかを把握し、生活スタイル全般を分析した上で真の不調の原因を見つけ出し、健康を取り戻すためのプランを組んでいきます。「症状」そのものに焦点を当てるのではなく、一歩下がって体全体をみていくことが本当の意味で問題を解決していくための鍵となります。

まずはじっくりとお話を伺います

医師もカイロプラクターも、学校では5分で問診を終えるテクニックを学びます。しかし、実際は5分では問題のごく表面的な部分しか見えません。初回診療では90分かけてじっくりとお話を伺います。お話だけではなく、血液検査や尿検査の結果などもあれば参考にさせていただきます。Dr. Izumiの質問に答えながら、「え、そんなことが今の問題に関係しているの?」と驚かれる方も多いと思います。多くの場合、不調の原因はひとつには絞れません。不調はたくさんの条件が重なり合うことで起こります。そして、関係ないと思われがちな様々な不調も、全てつながっていることが少なくありません。

指導内容は機能栄養学的アプローチが中心

食べている物や量だけを分析しても、欠乏している栄養素の種類やその欠乏の理由はわかりません。どれだけ食べ物を消化し吸収できているか、きちんと栄養素を必要とする部分へ運搬できているのか、どんな栄養素をたくさん必要としているのかなどは人それぞれです。一人一人の今現在の体の状態に注目し、適切な食べ方、サプリメント、生活習慣の改善を指導するのが機能栄養学的アプローチになります。Dr. Izumiはまず初回診療を通して、あなたの体で今どの栄養素が欠乏しているか、なぜ欠乏しているのかを明確にしていきます。

治療プランはカスタマイズ

たとえ問題は同じであったとしても、原因は人によって異なり、解決法も様々です。根本的に治そうと思ったら、「頭痛解消プラン、不眠解消プラン」というような決められた治療法はありません。また、誰でもこれさえ実践すれば健康になれる、というような食事法も存在しません。見かけや性格が一人一人違うように、体の状態も違います。従って、治療プランの内容は、必ずお一人お一人のその時の体の状態に合わせたものになります。

 

患者さんが主体

Dr. Izumiが組むプランのほとんどは、患者さん自身が主体となります。医者や薬に治してもらう、というような受け身のアプローチではなく、患者さんが実践することがほとんどです。そして多くの場合は、身近なことを変えるだけで驚くほど改善できます。これまでは歳や体質のせいだと諦めていた別の不調が解消されてくることも多々あります。他人任せにするのではなく、自分の体の責任は自分でとる、と決断することによって得られるものの大きさは計り知れません。

 

機能性医学、機能栄養学では、「未病」の時点でできることがたくさんあります!

明らかに不調があるけれど、医者によると「病気」ではない、そんな問題を長年抱えてはいませんか?その場しのぎの薬で症状を抑え、なんとか日常をこなし、歳をとったらそんなものだと諦めていませんか?病院や薬では根本治療は望めない問題でも、Dr. Izumiの提供する機能性医学/機能栄養学を用いてすれば解決できるかもしれません。不調には必ず原因があります。薬などでごまかして無視するのではなく、体の声をしっかりと聴くことで、まだ「未病」の段階のものが本物の「病気」になることを予防することができるのです。

本当の意味での「ヘルスケア」を提供します

一般に「ヘルスケア」だと思われている健康診断や西洋医学の治療などは、実はよく考えてみると「シックケア」。「病気」になって初めて対処できるというものです。もちろんそのおかげで助かる問題はたくさんありますが、「未病」のほとんどは西洋医学では根本治療は困難です。Dr. Izumiは直接「病気を治療する」といったことは一切しませず、症状の背後にある栄養の欠乏、身体的負担、精神的ストレスなどを探し出し、体が求めていることを実践することで健康回復を図ります。これぞ本当の「ヘルスケア」ではないでしょうか。長年の苦労は何だったんだ、もっと早く出会いたかった、などの声を多くいただいております。