体験談③

食事を変えてアトピー性皮膚炎が完治し、日々の体調も抜群に!

私の和泉先生との出会いは2014年7月にテニス後の膝の痛みと腕の筋肉の傷跡がカイロで治らないか相談しに訪ねたのがきっかけでした。無料コンサルテーションを経て行った初回検査では、健康上の問題や気になること、日々使用しているサプリや薬などについても細かく聞かれたので、私が長年アトピー性皮膚炎も患っていることもお伝えしました。

私のアトピー性皮膚炎は結構重症で、瞼など顔の一部、首、腹、背中、脇腹、腕や足と体中に湿疹が出ており、常に顔や体のどこかが痒くて掻いている状態で、周りの人の目にもついていたと思います。また湿疹に覆われた肌を人前に晒すのが嫌で、海やプールには行けませんでした。


日本やアメリカの皮膚科、アレルギー科へ行っても即時型アレルギーの血液検査だけをされ、処方されるのは抗ヒスタミン薬とステロイドの塗り薬ばかりで、今思えば和泉先生に出会うまでは根本的な治療はありませんでした。

膝の痛みの原因と思われる骨格の左右アンバランスを直す治療のため、和泉先生の元へ通い始めたのですが、施術の都度和泉先生は健康や食事に関わる有用なお話をたくさんしてくれました。遅延型アレルギーの存在、リーキーガット、自己免疫疾患、グルテンが引き起こす様々な弊害などについて通院を重ねていく中でお教え頂いたのですが、今思えば通い始めた当初から「貴方の肌の問題は食事で治る」と言われていました。そして今でも忘れないのは、ある日の施術の最後にとても慎重な口調で「もし大木さんが将来いつか、例え10年後でもやってみようと思いたったら、小麦、乳製品、お酒を断ってみて下さい。そうすれば絶対にお肌は治ります」と言われました。正直、内心直ちに思ったのは「そんなの絶対無理!」。


私は食べることが大好きで、小麦製品や乳製品に好物がとても多かったのです。朝食は小さい頃からパン食が基本で、ラーメンやパスタも大好きで週末には手打ちパスタをよく作っていました。また甘いものも大好きで、ケーキやクッキー、アイスクリームもしょっちゅうデザートに食べていました。お酒は強くないものの飲むのは好きで、週に4、5回は飲んでいました。これらの食べ物を断つことは自分にとって選択肢であるわけがないと思っていました。

それでも先生からお教え頂いたことで出来ることはやろうと、 大好きだったコーラは一切飲むのをやめ、食事の際の咀嚼をなるべく増やし、オーガニックの食材をなるべく食べ、野菜の摂取を増やすために毎日会社へランチとしてサラダを持っていくようにしました。また、抗ヒスタミン薬は飲むのを止め、ステロイドの塗り薬も極力使用しないようにしました。


しかしアトピーの症状は悪化するばかりで、体の湿疹は広がり、薬を断ったせいで痒みも酷く、痒さのあまり夜中に目が覚めてしまうこともありました。また挙げ句の果てに、湿疹に重なる形で小さな赤い発疹が脇腹や間接周りにポツポツ出始め、ステロイドを塗っても消えないので途方に暮れました。そんな私を見て和泉先生は「肌の状態は、腸内環境の現れですよ」とか、時にはストレートに「腸内環境が汚いんですよ」とご指摘。またグルテンが引き起こす肌荒れの事例の写真が私に出始めた発疹とよく似ていることを見せて下さるなど、ひたすら食事を改善することを促すジャブを打ってきました。

そして2015年の2月。出張や外食が続く中での暴飲暴食がたたり、私は生まれて初めて胸焼けがするようになり、食事をすると気分が悪くなるようになってしまいました。これをきっかけに、どうせまともに食事ができないのなら、効果的な食事制限をしようと思い、先生から幾度か勧められていたデトックスを2週間だけやってみようと決意しました。思い立ったらすぐに先生に電話し、サプリの用意と指示をお願いしました。


デトックスの内容は、小麦を初めとする穀物、乳製品、酒、砂糖、カフェインは一切断ち、主に肉、野菜、一部の果物、骨を煮出したブロスを中心とした食事をし、各種サプリ(肝臓による解毒を促すもの、腸内の悪玉菌をやっつけ、善玉菌を増やすものなど)を摂取するものでした。


やると決めたからにはちゃんとやろうと、忠実にこれを守り実行したのですが、驚いたことに一週間ほどで湿疹や発疹が薄まり、二週間後にはほぼ消えそうになっていたのです!喜んで和泉先生に報告すると「よし、そのままもう少し頑張って続けよう!」と、もう2週間食事制限を続けるよう指示を受けました。私は当初2週間だけなら我慢できるだろうと思って始めたデトックスでしたが、肌の状態の劇的な 改善は目を見張るものがあり、もう2週間継続することにしました。なお、このデトックスの合間に食物の遅延型アレルギーを確認する血液検査を行ったところ、グルテンと乳製品に加えて卵もアレルギー反応が確認され、卵も食事からカットすることになりました。デトックスを更に2週間続けたところ(デトックスを始めて計4週間)、肌からは湿疹も発疹も全て消え、ここ数年間見たことのない綺麗な状態になっていました。和泉先生に喜びの報告をすると、先生も心から喜んでくれました。しかし、腸の状態が完全に回復するには2ヶ月はかかるとして、先生は食事制限を更に継続することを勧められ、私は結局2ヶ月間デトックスを続けました。

デトックス中は肌の状態の回復だけでなく、便通がよくなり、たまにしていた下痢も一切しなくなりました。また、私は朝起きるのが苦手なのですが、デトックスを始めて一週間くらいから朝の目覚めがとてもよくなり、毎朝目覚まし時計が鳴る前に起きられるようになりました。しかし何よりも嬉しかったのは、やはりアトピーが完治し、肌が綺麗になりあの痒さから完全に解放されたことでした。

以来私は小麦、乳製品、卵を断った食事を継続しています。食べられなくなった食べ物がたくさんありますが、その見返りとして肌の状態と胃腸の調子は変わらず良好ですし、お肉など他に好きな食べ物もありますので、慣れてしまえば意外と苦になっていません。お酒だけは変わらず飲んでいますが、なるべく休肝日を挟むようにしています(笑)。和泉先生のお教えによりますと、小麦などのアレルギーは肌以外にも多くの問題を引き起こすことがあり、将来の大病に繋がることもあるとので、私は食事を変えたことにより寿命が10年は延びたかもしれないとのことです(笑)。健康のため、この食生活を一生続けていこうと思っています。和泉先生、本当にありがとうございました!

大木晴信さん