top of page

Issue No. 21 (April 12, 2024) タイヤの跡症候群

現代の医療を皮肉ったお話を一つ紹介します。

 

ある町がありました。その町は人口も少なく、交通事故などはほとんど無い、平和で安全な町でした。

 

しかし少しづつ人口が増えてくると、四つ角で交通事故が増え始めました。



交通事故が増えた原因を突き止めるために、一人の専門家が雇われました。


その専門家は、事故現場を詳しく調べ、一つの事実を見つけました。


それは、事故現場には必ず急ブレーキをかけた時にできた、タイヤの跡があることでした。 



専門家は交通事故が増えている原因は、タイヤの跡ができるから起きるに違いないと結論付けたのでした。

 

その結果、交通事故を減らすためにどんな対策をしたと思いますか?


なんと、タイヤの跡がつかないように、道路にテフロン加工(鍋が焦げ付かないように表面をツルツルにする、あれです)を行ったのです。



そんなことをすればどうなるか、誰でもわかりますよね。


道路はツルツルになって、滑りやすくなり、さらに交通事故は増えてしまったのです。



 

交通事故が増えることによって、町にどんな変化が起きたと思いますか?

 

町の経済は潤うようになったのです。


病院、車の修理や、保険会社、そしてどこよりも儲かったのが、テフロン加工の会社でした。



多くの街の住人はお金が儲かるようになり、交通事故が多発していることも忘れてしまうのです。


そこで隣町から一人の仙人がやってきて、町の人たちにいうのです。


「交通事故の原因はタイヤの跡なんかではない、タイヤの跡症候群などは存在しない」


「本当の原因は四つ角に止まれのサインがないからなんだ」と......



しかし残念なことに、町の人はその話に耳を貸そうともしません。


何故なら、交通事故があるおかげで生計が成り立っている人が数多くいたからです。

 

やがて町の人の多くは、交通事故で亡くなったり、大けがをして働けなくなり、一時繁栄していた経済は、廃れていくのでした。


 

この話は現代医療の縮図であり、警鐘を鳴らしているのです。

 

現代人が患う健康問題の大半は、生活習慣や食生活が原因であるにも関わらず、そこには目を向けようとしません。

 

現代医療は乱れた生活習慣や食生活を行った結果として起きている症状だけに着目し、それらをもみ消すことに躍起になっているのです。

 

症状は体が私たちの体に異変が起きていることを知らせるいわばSOSサインです。

 

助けを求めているのです。それを無視してはいけないのです。



閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page